読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんこりろん

適当に書いていきます

命削りダイナミスト

こんにちは、Galetteです

先日、コスモキングで開催された【十二獣、真竜、壊獣禁止大会】で命削りダイナミストを使って優勝しました

ダイナミストはデザインや動きが好きなデッキなので1度記事にしたいと思っていたのでこの機会にブログにまとめることにしました

もくじ

  1. 命削りとダイナミスト
  2. ダイナミスト・ハウリング
  3. デッキレシピ
  4. おわりに

 

  1. 命削りとダイナミスト

まずは命削りとダイナミストの相性の良さについて説明していきます

特殊召喚を多用するはずのペンデュラムデッキに命削りを積む理由として、

  • 先行でペンデュラムする理由が薄い
  • デッキ圧縮が重要

という2点があります

ダイナミストというデッキは、ユニコーンや巨神鳥のような妨害効果のあるモンスターが存在せず、エクシーズはできてもリソースがかなり減ってしまうため、先行でスケールを揃えてペンデュラムしても旨味がありません

なので、先行でペンデュラムを狙わず、罠を構えてゆっくり動いていく方が得策だと思いました

また、『ダイナミスト・ハウリング』『ダイナミスト・チャージ』などの専用パワーカードや『次元障壁』などを素早く引き込みたいという理由もあります

 

  2.  ダイナミスト・ハウリング

f:id:Galeblog:20170320233206j:image

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで選んで自分のPゾーンに置くことができる。置いた場合、次のターンの終了時まで、自分は「ダイナミスト」モンスターしかP召喚できない。
(2):このカードが既に魔法&罠ゾーンに表側表示で存在する場合、1ターンに1度、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象とし発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。

今まで微妙なデッキだったダイナミストが、この新規が来てくれたおかげで劇的に進化しました
発動時の効果処理でスケールを用意するだけでなく、フリチェバウンスまで内臓してるのですから弱いわけがありません

また、『ダイナミストカード』なので、ダイナミストモンスターの共通P効果によって、対象及び破壊耐性を付与できます

先行でペンデュラムしないこのデッキだと、先行でスケールを置くことはありません

なので、従来のダイナミストだと少し使いづらかった①の効果も無駄なく使用できます

アドバンテージが取りづらく、妨害が少なかったダイナミストにとっては救世主のような1枚です

   3.  デッキレシピ

今回使用したデッキレシピがこちらですf:id:Galeblog:20170319222721j:image

f:id:Galeblog:20170319223236p:image

エクストラは各種ランク4とインフィニティセットがあれば良いですがほとんど使いません

上記の通り、ハウリングを引き込むことが重要なのでドローソースを多めに採用してます

ピン刺しのカードが少ないので、強貪との相性は良いです

少し採用枚数の理由などを書いていきます

下級でかつ効果が優秀なので3枚

プテランはハウリングやチャージを唯一サーチできるモンスターであり、プレシオスの打点下げはレックスやプテランの戦闘を補助してくれます

  • レックス×2

上級な為命削り下では事故札になりますが、強貪で飛ぶ確率を下げるため2枚

発動するタイミングが限られているものの、対象取らないデッキバウンスはどのデッキに対しても強く打てます

  • スピノス、ステゴザウラー×1

スピノスはマスターPなどの置物を無視してキルを狙えるようにするため採用

ステゴザウラーはスケール合わせとしてピン刺し

モンスターの合計が10枚と少ないですが、チャージやラッシュがあるため困ることはありません

1〜2枚好みに合わせて増減してもいいかもしれません

 上スケールと下スケールの枚数が同じようになれば大丈夫でしょう

 

   4.  終わりに

まだ書きたいことはあるのですが、そろそろ終わりにしようと思います

来期から新マスターズルールになり、魔法、罠ゾーンの圧迫、EXデッキからのP召喚の制限という踏んだり蹴ったりな状況になりますが、このデッキは十分戦えると思ってます

チャージの①の効果でダイナミストが手札に戻せるので、手札からのペンデュラム召喚を意識すれば、他のペンデュラムデッキよりかは弱体化はしないはずです

魔法、罠ゾーンが減ることで、せっかく引き込んだ罠を伏せれなかったりするのは痛いですが、十二獣、ペンデュラムが消え、多少は環境が低速化すると思うのでそこまで気にならないのではないでしょうか

これから増えるであろうkozmoやカオスMAXなどの対象に取れないモンスターはレックスで処理でき、虚無魔神などの封殺系はハウリングで対応できます

マスターPが重いことは変わりませんが、月の書や聖杯等の妨害系魔法カードを採用すれば、モンスター、魔法、罠の3種で相手に触ることができるので、マスターPが耐性付与していない種類で処理できるかなと考えてます

ダイナミストは使っててとても楽しく、命削りを除けば安価で組むことができるので、この記事を読んで少しでも興味が湧けば是非作ってみて下さい

 質問、誤字脱字あればtwitterの方に連絡していただけると助かります

 

終わり